子供の矯正

■あなたの歯並びはどれですか?

下顎前突(受け口) 上顎前突(出っ歯) 叢生(デコボコ) 開咬(前歯でものが噛み切れない) 交叉咬合(上あごの幅が狭い) 埋伏(歯が埋まって出てこない)

みんなの歯並び矯正in金沢

子供の矯正歯並びを治してあげることは親の責任

子供は自分の歯並びについてどこが悪いのかは分からないと思います。当然、矯正装置なんて絶対つけたくないはずです。

しっかりと歯並びに治してあげることは親の責任であり、愛情表現だと思います。

きれいな歯並びはお子さんへの最高のプレゼントです。

子供のときに矯正治療をするメリット

子供の頃に歯並びを治したほうが、虫歯や歯周病になるリスクが減る

歯並びが悪いと、どうしてもきれいに歯磨きができず、放置すればするほど虫歯や歯周病になるリスクが高くなります。

歯並びが悪くならないように予防ができる

本来は歯並びがきれいに並ぶはずの患者様でも、成長の過程における様々な要因で歯並びが悪くなることがあります。例えば、指しゃぶりを小学校に入学しても続けていると、前歯が開いてかみ切れない「開咬」という症状が出てくることがありますし、あごの運動に影響を与えるような位置に歯が生えてくると、たった一本の歯のために顎が曲がってしまい、顎変形症という外科手術をしなければ治らないような症状になることもあります。

成長発育を治療に利用できる

子供の頃から矯正治療をすることによって、例えば下あごがでている患者様なら上あごの骨の発育を促したり、下あごの骨の成長を抑えたりすることがある程度可能です。

埋伏歯(埋もれて生えてこれない歯)の牽引(けんいん)

歯が生えてこないのを放置していると、出てこなくて埋まった歯が他の健康な歯の根っこを吸収したりなどの悪影響を及ぼすことがあります。歯が生えてくるのが遅いなと感じたら一度診察してもらうことをお勧めします。できれば歯の根っこが完成する前に引っぱることができれば高い確率で埋伏歯を引っ張り出すことが可能です。


子供の矯正治療の最適な時期は患者様によって実にさまざまです。早く医院に来ていただいても何も治療しないこともよくあります。

しかし、次のような症状があればなるべく早く矯正専門医に相談していただきたいと思います。

  • 下の前歯が上の前歯よりも前にある。
  • 歯がねじれて生えてきた。
  • いつも前歯が見えている、お口をぽかんと開けている。
  • 小学校に入学しても、指しゃぶりや物をかむなどの癖がやめられない。
  • 虫歯が原因でぐらぐらしていない奥歯の乳歯を抜いた。
  • 左右どちらかの永久歯は生えてきたのに、反対側の同じ歯がなかなか生えてこない。

△ページの先頭に戻る

子供の不正咬合

子供の受け口(反対咬合・下顎前突)の治療について

このような歯並びは治療が必要です。

反対咬合・下顎前突

反対咬合・下顎前突

子供の受け口の最適な治療時期

4歳〜小学校低・中学年(骨格に原因がある受け口の治療は、早期であればあるほど効果的です)

上記の写真のどれも上の前歯よりも下の前歯が前にあります。受け口は反対咬合、下顎前突(かがくぜんとつ)とも言われます。歯の傾きが原因で受け口になる場合と、骨格的な問題(下あごが大きい)で受け口になる場合があります。かみにくくなるだけでなく、受け口特有の顔立ちや発音障害(サ行、タ行)などの問題もあります。

子供の受け口(反対咬合・下顎前突)の歯列矯正治療に関する基本的な考え方

受け口はなるべく早く矯正治療する、というのが基本的な考え方です。上あごの成長発育は小学校低学年〜中学年(7, 8, 9才)にピークを迎え、その後、思春期に下あごの成長発育のピークが訪れます。受け口というのは、上あごの前歯が下あごの前歯の内側にありますから、受け口という状態そのものが上あごの発育を阻害する要因になります。このため、上あごの成長発育のピークである小学校低学年以前に矯正治療するのが望ましいのです。

実際の治療例

症例1

治療例 治療例 治療例

すべての歯が乳歯の時期の受け口です。ムーシールドという装置を使って治療しました。夜間に装着するだけで約5か月でかみ合わせがよくなりました。乳歯の段階で受け口の場合は永久歯でも受け口になる可能性が高いので早めの治療をお勧めします。


症例2

  治療例 治療例  

乳歯が残っている段階での受け口です。笑った時に下あごの歯が見えています。上あごのみに矯正装置をつけて治療しました。上あごの前歯が下あごを覆って笑顔も自然になりました。


症例3

  治療例 治療例  

下あごの前歯が上あごの前歯に押されて少し歯ぐきが下がっています。矯正治療することでデコボコもとれ、下がっていた歯ぐきもきれいに戻りました。横顔も自然な感じになり大変喜んでおられました。


症例4

治療例

上下の前歯4本が永久歯です。この時期は受け口を治療するのに最も適しています。

上あごの裏側に装置をつけて受け口をなおしました。治療期間も短く大変喜んでいただきました。

△ページの先頭に戻る

子供の出っ歯(上顎前突)の治療について

このような歯並びは治療が必要です。

上顎前突

子供の出っ歯治療に最適な開始時期

小学校中学年〜小学校高学年(小学校4年前後が治療開始の一つのタイミングになります)

上の前歯が下の前歯より突出していて、意識しないと口を閉じることができないというのが共通した症状です。下の前歯が上の前歯の裏側の歯肉を咬んでしまい、痛みを訴えることもあります。

基本的な考え方

一般的に出っ歯は受け口ほどには矯正治療を急ぐ必要はありませんが、それでも小学校3年生位には一度矯正の専門の先生に診てもらったほうが良いでしょう。

治療をするメリットとしては次のようなものがあります。

  1. 将来的に抜歯をせずに矯正治療できる可能性が高まる。
    出っ歯の程度にもよりますが、早期に矯正治療を開始することで歯を抜かずに隙間を確保できます。
  2. 骨格的な改善が見込める。
    タイミング良く早期に矯正治療を開始することで下あごの成長発育を促すことができます。
  3. 成人になってから矯正治療するよりも口元の突出感をより良く改善できる。
    奥歯をあらかじめ後ろに移動させておくことで、大人になってから治療するよりも口元の突出感の改善をより多く行うことができます。

歯並びだけを見ると成人からの矯正治療でも十分にきれいにすることは可能なのですが、歯を抜かずに済んだり、顔貌のより良好な変化が期待できるなど、子供の頃から矯正治療することのメリットはとても多いのです。

実際の治療例

  治療例 治療例  

上の前歯が前にとび出ているため隙間が生じています。また左の歯はねじれて生えてきています。矯正装置をつけて出ていた前歯を下げました。笑顔も素敵になりました。

△ページの先頭に戻る

子供の歯の叢生(八重歯、でこぼこ、乱杭歯)の治療について

このような歯並びは治療が必要です。

八重歯、でこぼこ、乱杭歯

八重歯、でこぼこ、乱杭歯

子供の歯の叢生治療の開始時期の目安

小学校低学年〜小学校中学年

子供の叢生(歯のでこぼこ)の矯正治療に関する基本的な考え方

叢生(歯のでこぼこ)とは、顎の大きさと歯の大きさのバランスが取れておらず、顎に歯が入りきらないためででこぼこになっている状態をいいます。

叢生(歯のでこぼこ)は永久歯が生え揃ってから、あるいは永久歯が生え揃う一年位前から矯正治療を開始するのが一般的ですが、以下のような場合には、小学校低学年でも矯正治療を開始したほうが望ましいといえます。

  1. 叢生(歯のでこぼこ)であることにより、顎が左右に曲がって咬む癖がある。
    歯がでこぼこしているため、本来の顎の位置で咬むことができずに顎を左右にずらして咬んでいると次第に骨格的な左右のズレに発展していきます。
  2. 乳歯を早期に失ってしまい、放置しておくと永久歯が生えるための隙間が無くなるなど症状の悪化が予測される場合。
    歯は前方に動く性質があります。つまり、乳歯が早めになくなってしまうと後ろの永久歯がそのスペースに向かって倒れてきます。
  3. 子供の時に矯正治療しておいたほうが、永久歯が生えてからの矯正治療が短期間に終わることが明らかである場合。
    あまりにもデコボコの程度が強い場合はあごの幅を広げたり、先に抜歯をすることもあります。
  4. 本人が歯並びをものすごく気にしており、精神発育に問題が生じる可能性がある場合。
    歯並びが原因で内気になっていたりしたらやはり矯正治療の対象となるでしょう。

実際の治療例

症例1

治療例

上の前歯の一本が内側に入っています。このまま放置するとデコボコがひどくなるだけでなく、上あごの成長が妨げられます。治療後は内側に入っていた前歯がきれいに並び、真ん中の歯の隙間もなくなりました。


症例2

治療例

上あごの前歯にデコボコがあり、歯磨きがしにくい状態です。治療後は前歯がきれいに並び見た目もよくなりました。


症例3

治療例

上の前歯が重なって生えていて、明らかにスペースが不足しています。奥歯を後ろに動かしてスペースをつくり前歯をきれいに並べました。この時期に治療を開始すれば歯を抜かずに治療できる可能性が高くなるよい例です。お子様のデコボコが気になる場合は早めに受診をお勧めします。

△ページの先頭に戻る

子供の開咬の治療について

このような歯並びは治療が必要です。

開咬

開咬

子供の開咬治療に最適な開始時期

小学校低学年〜小学校中学年

上の前歯が下の前歯がかみあわず隙間がある状態です。前歯でものを噛み切ることができません。指しゃぶりなどの悪い習慣から引き起こされている場合と骨格的な問題が原因である場合の二つに分けられます。舌の位置が悪かったり、舌が上に持ち上がらないため上あごの幅が小さいことなどが特長としてあげられます。同時に口で呼吸することが多く、鼻に病気があることも多く認められます。子供の頃の治療としては、舌を突き出したり、指しゃぶりなどの癖があれば、まずそれらの除去から始まります。また、同時に筋機能療法といってお口の周りの筋肉と舌のトレーニングを行います。これらを行うことで良い方向へあごの成長を促します。

実際の治療例

治療例

乳歯がまだ残っている段階での開咬です。前歯がまったくかみ合っていません。舌のトレーニングと装置による治療を行うことでしっかりとしたかみ合わせになりました。子供の頃の開咬は舌のトレーニングだけでもかなり改善されることが多いのが特徴です。

△ページの先頭に戻る

交叉咬合の治療について

このような歯並びは治療が必要です。

交叉咬合

子供の交叉咬合の最適な治療時期

小学校中学年〜小学校高学年

何らかの原因で上あごの幅の方が小さいため上記の写真のように上あごの奥歯が下あごの奥歯より内側にある状態を交叉咬合(こうさこうごう)といいます。このような状態は横顔ではさほど異常は感じられませんが、正面から顔を見るとあごが左右のどちらかに曲がっているなどの問題が見受けられることがほとんどです。上あごの成長のピークは小学校低学年〜中学年ですので、その前までに上あごの歯が下あごの歯を覆うように治療することが大切です。成人してからのあごの曲がりは手術をしないと治りませんので、早めの治療が望まれる症例です。

実際の治療例

症例1

治療例

上あごの幅が狭いために下あごが安定せず、右にずれてしまっています。上あごの幅を広げる装置をいれて治療しました。下あごの右へのズレも軽減し、上あごが下あごを覆うようになりました。


症例2

治療例

上あごの幅が狭いので右側の奥歯は上の歯が下の歯を覆っていません。この状態を放置すると上あごの成長が妨げられ、あごの変形等がおこる可能性がります。また、前歯のかみ合わせが浅い状態です。治療後は上あごの歯が下あごの歯を覆うようになりました。舌のトレーニングを行ったので前歯のかみ合わせもよくなりました。

△ページの先頭に戻る

埋伏歯の治療について

埋伏歯とは何らかの原因で歯が埋まったまま出てこれなくなった状態の歯をいいます。

本来生えてかみ合わせに参加するべき歯が出てこない場合は抜かずに引っぱってくる必要があります。なぜなら埋まった歯は長期間放置しておくとあごの骨の中で横を向いてしまい隣の歯の根っこを吸収するなどの悪影響を及ぼす可能性があるからです。

一般的には根っこが完成する前に引っ張り出すほうが出てくる確率が高いといわれています。これは萌出力といって歯の出てこようとする力を利用できるからです。

出てくるのが遅いなと思ったら早めの相談をお勧めします。

実際の治療例

治療例

左上の真ん中の歯が埋もれてでていません。埋まっている歯を見える状態にして矯正装置をつけました。奥歯を支えにして前歯を少しずつ動かしています。半年ほどで正常な位置に動かすことができました。

△ページの先頭に戻る

インプラント 審美歯科 ホワイトニング
義歯(入れ歯) レーザー治療 顎関節症
一般歯科 予防歯科・定期健診  

子供たち集まれ!キッズクラブ「ハハハの会」のご案内

当院で治療をうけられた方の感想はこちら

矯正オリジナルパンフレットをプレゼント