永久歯列期ならびに成人矯正

■あなたの歯並びはどれですか?

叢生(デコボコ) 上顎前突(出っ歯) 下顎前突(受け口) 開咬(前歯でものが噛み切れない) 交叉咬合(上あごの幅が狭い) 過蓋咬合(かみあわせが深い) 上下顎前突(上下の前歯がとび出している)

みんなの歯並び矯正in金沢

永久歯列期ならびに成人矯正通常、永久歯が全て出てくる小学校高学年から中学生の頃が矯正治療を始める一番よい時期といえるでしょう。この頃はまだ骨の成長もありますので、それを利用しながら治療を進めます。なるべく早めに治療を開始することをお勧めしますが、成人になってから矯正治療は遅すぎるのでしょうか?

そんなことはありません。

大人になっても十分に歯は動きますし、当院では成人で矯正治療されている方が大勢いらっしゃいます。歯並びをよくしておけば将来的に歯を失うリスクが減ります。自分の歯が残っていて何でも咬める状態とそうでない状態、どちらがいいでしょうか?

矯正治療は時間がかかります。しかし、それに見合う価値が十分にあります。気兼ねすることなく人前で笑える、それだけでも素晴らしいことだと思いませんか?素敵な笑顔が相手に与える影響は果てしなく大きいと思います。

あきらめずに矯正治療を受けてみませんか?

矯正治療をするメリット

●見た目の改善

成人になられてから矯正治療をお受けになる患者様の多くは程度の差こそあれ見た目での改善を希望されています。実際に治療が進み、歯並びが整ってくると明らかに表情に変化が現れる患者様がたくさんいらっしゃいます。

●お口の健康の維持・管理が容易になる

見た目と並んで、成人矯正を希望される動機のもうひとつの柱です。歯並びが悪いまま長い年月を生活していますと、虫歯や、歯周病などのリスクが高まります。多くの場合、歯並びを整えて、歯磨きしやすい環境にすることで歯周病の進行を防いだり、緩やかにすることが可能です。

●発音の改善

受け口や開咬(前歯がかみあわない状態)などは、発音する時に息がもれるためサ行やタ行の発音が不明確になります。ご本人はあまり意識していないことが多いのですが、治療することで発音の改善が行えます。

●咀嚼能率の改善

ご自分の歯を見て、上あごの歯と下あごの歯で、まったくかみ合っていない歯はないでしょうか?歯並びを整えることで噛む作業の効率を改善し、胃腸への負担を減らすことが出来ます。

●被せ物を長持ちさせられる

歯並びがよいほうが被せ物の歯を長持ちさせられることをご存知でしょうか?例えば、歯並びが悪いままで歯を削って被せても本来の根っこの方向とは違う方向に人工的な冠を被せるので根っこに対して異常な力が加わる可能性があります。矯正治療でしっかり根の位置を整えてからの方が被せ物の形も断然よくなり長持ちします。


成人になって矯正治療を始めようとされる患者様はそもそもお口の健康管理について一定以上の関心や、知識をお持ちの方だと思います。矯正治療を始めようと思うに至った経緯は様々ですが、歯列矯正治療を始める最適な時期とは、ご自身がお口の中を気にし始めた時です。矯正治療は子供だけがするものではありません。何歳になっても矯正治療は始めることが可能なのです。

永久歯列期ならびに成人の不正咬合

叢生(でこぼこ)の治療について

このような歯並びは治療が必要です。

叢生

年齢層: 小学校高学年〜成人

あごのスペースが狭いため歯が入りきらずデコボコになっている状態です。日本人によく見られる「八重歯」はこの歯並びに相当します。歯が磨きにくいため虫歯や歯周病にかかりやすくなります。成人の叢生の治療はその程度、治療目標によって歯を抜くか、あるいは歯を抜かないで治療するかを考えます。叢生の程度が強い場合、歯を抜かないで治療すると歯が前方にでてしまい、治療前よりも口が閉じにくくなってしまう傾向があります。ですので、日本人のように元々口元がでていて叢生が強い場合には歯を抜く治療を選択したほうが良好な治療結果を得られることが多いです。歯並びだけ綺麗になっても口が閉じにくいので状態なら矯正治療がうまくいったとはいえないからです。

実際の治療例

症例1

  治療例 治療例  

いわゆる八重歯の状態です。下あごの前歯にもデコボコがあり歯ブラシしにくい状態です。歯を抜いて治療することで綺麗な歯並びになり口元もすっきりしました。笑顔が自然です。


症例2

  治療例 治療例  

笑った時に八重歯が目立ち、日本人によく見られる典型的な叢生です。治療後は八重歯がなくなり整った歯並びになりました。笑顔の時の歯の見え方が理想的で非常に美しいです。


症例3

治療例

デコボコも強いですが、同時に上あごの前歯が前にでています。また、上下の真ん中がかなりずれており難しい症例です。治療後は整った歯並びと美しい口元になりました。こんなにきれいになってとてもうれしいとおっしゃられていました。


症例4

治療例

上の前歯がでているのと下の前歯には強いデコボコが認められます。歯を抜くことできれいなかみ合わせになりました。口も閉じやすくなり大変喜んでいただきました。

上顎前突(出っ歯)の治療について

このような歯並びは治療が必要です。

上顎前突

上顎前突

年齢層: 小学校高学年〜成人

出っ歯の方は上あごの前歯が前にでていることが多いため上唇が突出していて口が閉じにくい傾向があります。この上唇をどの程度後退させるのか?あるいは患者様が口元の出具合をどの程度気にされているのか?ということを考慮に入れながら治療方針を決定していきます。歯を抜かない治療に関しては、理論的には可能であっても現実問題としては治療期間の問題から難しいことが多いといえます。ですから中程度以上の症状の場合、きちんと治すためには抜歯が必要なことが多いと考えて良いと思います。

実際の治療例

症例1

治療例 治療例

上あごの前歯が前にとび出ています。それに伴い上唇がめくれあがり口が閉じにくい状態です。前歯を後ろに下げることでかみ合わせが良好になり、常に開いていた口も閉じられるようになりました。


症例2

治療例

上あご自体が下あごに比べてかなり前にある状態で、デコボコも認められます。歯を抜くことでスペースをつくり前歯を後ろに下げました。整った歯並びになると同時に口元が非常にすっきりしました。


症例3

治療例

治療前はかなりの出っ歯で口が閉じにくい状態でした。治療後は出ていた前歯が引っ込み、口元もすっきりしました。かみ合わせだけではなく口元もきれいにしなければなりません。

下顎前突(受け口)の治療について

このような歯並びは治療が必要です。

下顎前突

年齢層: 小学校高学年〜成人

子供の受け口の治療は骨格的な改善を重要な治療目標にしますが、成人の患者様の場合、骨格的な発育成長は既に終わっているか、あまり期待できない状況ですから骨格的なアプローチではなく、歯の移動によって受け口を治療することになります。症状によりますが、1・上の前歯を外に出す、2・下の前歯を中に入れる、このいずれか、あるいは1,2の組み合わせで受け口の矯正治療を行うことになります。

実際の治療例

症例1

  治療例 治療例  

受け口と同時に上あごの前歯には隙間もあります。発音がはっきりせず、矯正治療が望ましい状態です。受け口が改善し、隙間もなくなりました。食べ物をかみ切りやすくなったと喜んでおられました。


症例2

  治療例 治療例  

上あごの糸切り歯が外に飛び出して生えており、前歯が半分以上隠れています。上の前歯を前にだし、下の前歯は後ろにさげることで受け口を治しました。

開咬(前歯でものが噛み切れない)の治療について

このような歯並びは治療が必要です。

開咬

開咬

年齢層: 小学校高学年〜成人

前歯がかみ合わず開いている状態です。子供の頃に指しゃぶりの癖があったりするとこのような歯並びになります。また、かむ力が弱かったりするとあごの骨が口が閉じる方向とは逆に成長してしまい開咬になることもあります。舌の位置に異常があることが多く、矯正治療と同時に舌のトレーニングが必要となることが多い症例です。叢生(デコボコ)が強かったり、口元に突出感がある場合は歯を抜く治療方針を選択する場合があります。歯を抜かない場合は奥歯を骨の中に押し込むことでかみ合わせを深くします。

実際の治療例

症例1

治療例

奥歯でかみしめても前歯は開いている典型的な開咬症例です。この患者さんは舌を前にだす癖もありました。奥歯をコントロールすることでかみ合わせを深くして前歯がかむようになりました。前歯でかみ切れるようになり食事が楽しくなったと非常に満足しておられました。


症例2

治療例

長年、前歯でものを噛み切れないことが気になっておられた患者さまです。治療後はしっかり前歯があたるようになりました。発音もしやすくなりました。この方は成人男性ですが、成人になっても矯正治療は問題なく可能です。

交叉咬合(上あごの幅が狭い)の治療について

このような歯並びは治療が必要です。

交叉咬合

年齢層: 小学校高学年〜成人

上あごの幅が狭いために下あごの歯が上あごの歯を覆った状態の歯並びです。下あごの幅が通常より大きく、多くは大きな舌の存在が認められます。成人の交叉咬合の治療はまず、上あごの幅を広げることから始まります。また、叢生(デコボコ)が強かったり、口元に突出感がある場合は歯を抜く治療方針を選択する場合があります。

実際の治療例

  治療例 治療例  

下あご自体が大きく左にずれているために奥歯のみならず前歯もかみ合っていません。上あごと下あごの真ん中のラインが大きくずれています。外科的矯正治療をすることで見た目も大きく変わりました。かみ合わせもしっかり治っています。

過蓋咬合(かみ合わせが深い)の治療について

このような歯並びは治療が必要です。

過蓋咬合

年齢層: 小学校高学年〜成人

上あごの前歯が倒れこんでいるため下あごの前歯が隠れてしまいほとんど見えなくなる状態です。叢生(でこぼこ)を認めることも少なくありません。下あごの動きが非常に制限されるため、あごが痛くなったり等の症状が認められることもあります。口元の突出感は少なく、口も閉じにくいなどの症状はないため矯正治療の必要性がないように思われがちですが、実は治療が望ましい症例です。叢生の程度が強い場合は歯を抜いて治療する場合もありますが、上顎前突(出っ歯)と違い、口元の突出感がない場合が多いので歯を抜かないで治療することも十分可能です。

実際の治療例

症例1

治療例

上下の前歯にデコボコがあります。また、上あごの前歯が大きくかぶさって下あごの前歯が隠れてしまっている状態です。デコボコが解消され、上あごの前歯をコントロールすることでかみ合わせが浅くなりました。歯を抜かなくても十分きれいに治せます。


症例2

治療例

上の前歯が下の前歯のほとんどを覆っています。典型的な過蓋咬合です。見た目があまり悪くないので一般の方は不正なかみ合わせとは認識しにくいのが特徴です。上下の歯を抜いて治療しました。

前歯のかみ合わせが浅くなり、上の前歯の歯ぐきのラインがきれいに整いました。

上下顎前突(出っ歯)の治療について

このような歯並びは治療が必要です。

上下顎前突

年齢層: 小学校高学年〜成人

上あごと下あごの前歯が両方とも前にとびだしている状態です。前歯が前にでているのでほとんど叢生(でこぼこ)は認められませんが、口を自然に閉じることができず常に口が開いた状態であることがほとんどです。上下顎前突の場合は歯並びに関してはほとんど問題なく、改善すべきは口元に限定されることが多いので一般的には大きな口元の変化が期待できる抜歯治療が選択される場合が多いでしょう。

実際の治療例

治療例

上下の歯にデコボコはほとんど認められませんが、上唇と下唇が厚ぼったくみえて、口を閉じると口を尖らせているように見えます。治療後は口元がすっきりして閉じやすくなりました。意識しなくても口を閉じれるようになったと喜んでおられました。

空隙歯列(歯と歯の間に隙間があるかみあわせ)

いわゆる「すきっ歯」のことを空隙歯列といいます。これは顎の幅が大きく、歯の幅が小さい場合に多く見られます。また、舌を前に押し出す癖がある方にも見受けられます。まれに歯の本数が少ない方がいらっしゃいますが、そういった場合にも空隙歯列になることもあります。見た目や発音の問題がおこりやすく治療が必要なかみ合わせです。

実際の治療例

症例1

治療例

成人の空隙歯列の患者様です。真ん中の前歯に隙間があることを気になされて来院されました。

治療後は隙間がすっかりなくなりきれいなかみ合わせになりました。


症例2

治療例

前歯の隙間が気になって来院されました。上あごの第二小臼歯のかみ合わせもよくありません。
治療後は隙間がなくなり緊密なかみ合わせになりました。

移植歯を利用した矯正治療について

不要になった歯を歯がない場所に埋めることを移植といいます。移植した歯は普通の歯と同じように矯正治療で動かすことができます。当院は歯を有効利用したいという思いから移植矯正治療を多く行ってきました。歯の本数が少ない方や根が短くて歯を動かせない方にお勧めしています。

実際の治療例

治療例 治療例 治療例
上あごの真ん中の歯が神経がないために黒ずんでいます。またかなりの出っ歯ですので治療方針としては前歯を後ろに後退させることにしました。黒ずんだ歯は根が短く矯正治療で動かせる状態ではなかったため抜き、その場所には下あごの歯を移植することにしました。

治療例 治療例
歯を並べている途中です。

治療例 治療例
歯を抜いた後に下あごの歯を移植して矯正治療を再開しています。

治療例
歯が並んだ後に移植した歯はきれいにかぶせ物をしました。歯並びがきれいになると同時に本来抜いて不要になった歯を再利用でき患者さんは非常に満足しておられました。

△ページの先頭に戻る

インプラント 審美歯科 ホワイトニング
義歯(入れ歯) レーザー治療 顎関節症
一般歯科 予防歯科・定期健診  

子供たち集まれ!キッズクラブ「ハハハの会」のご案内

当院で治療をうけられた方の感想はこちら

矯正オリジナルパンフレットをプレゼント